在籍確認って何?在籍確認をする理由とは?

車や家など高額な買い物をした時にカードローンを組んで支払うのが一般的だと思います。
カードローンの申し込みをすると、在籍確認というものがあります。

 

ここでは、在籍確認について詳しくお話しします。

 

在籍確認とは?

 

在籍確認とは、カードローンを申し込んだカード会社によって行われる申込者に対する本人確認のようなもので、申込者が申し込み時に申告した勤務先に確認を取るものです。

 

本人確認ならば、自宅に在籍を確認すればいいのでは?と思う人も多いと思います。

 

しかし、カード会社にとって重要視したいのは、ローンの返済ができるのか?という点です。
極端な話、無職の人には支払い能力があるとは思えませんよね。

 

どこかで勤務していれば、収入額にもよりますがとりあえずは返済能力があるとみなされます。

 

ちょっとカードローンを組んだくらいで大げさに会社にまで電話されるなんて…迷惑だなあと思う人が大半だと思います。

 

しかし、カード会社は申込者に直接在籍確認をします。申込者本人が電話に出てから、名前や住所、生年月日などの確認をするだけで終わりなので、そんなに手間のかかる事ではありません。

 

カード会社によっては、会社名を名乗らずに個人名で申込者の勤務先に電話してくることもありますから、勤務先の同僚などに怪しまれることもありません。

 

在籍確認の必要性とは

 

ここで必ず問われるのが、在籍確認の必要性です。カードローンの審査とは言えども、どうして勤務先にまで連絡をして在籍確認をしなければいけないのか?

 

支払い能力があるという自信がある人は特にそのように思われることでしょう。
わざわざ勤務先にまで電話しなくても…と怪訝な表情になると思います。

 

一括で清算できるのならその場限りで取引は終わりますから、現金さえ用意できれば、購入者はどんな生活をしていようが無関係なことになります。けれども、カードローンを組むとなると、総額にもよりますが、しばらく返済をしていかなければいけません。

 

つまり、カード会社が申込者にお金を貸しても安心かどうかの信用確認をする必要があるのです。

 

返せる目処がない人に100万円や200万円ほどのお金を貸せますか?
個人間でのお金の貸し借りにおいても、返済能力があるかどうかの確認はすると思います。

 

カード会社にとって信用確認のためにまず必要なのが勤務先で現在も申込者が勤務していて収入を得ているか?ということです。

 

そのための確認として、在籍確認がどうしても必要となってきます。