在籍確認は申込者本人が出ても良い?

在籍確認が取れないとカードローンは組めないため、何かの手違いで確認が取れなかったらどうしようなど、不安になりますよね。

 

在籍確認がどんなものかわからない人にとって、例えば、本人が電話に出てしまってもいいのか?それとも、別の人が出た方がいいのかなど疑問も浮かんでくると思います。

 

ここでは、在籍確認の場合、申込者本人が電話に出てもいいのか?という疑問について詳しくお答えします。

 

■在籍確認は申込者本人が出るのがベスト

 

在籍確認は申込者本人が出てくれた方が信用度が高く、確実に在籍確認が取れたとしてカードローン会社も次の審査を始めていきます。

 

申込者本人が電話に出たら、生年月日や住所などを質問されて、申し込みをした時と同じ情報であれば、それで確実な在籍確認が取れたということになるのです。

 

確実な在籍確認が取れたというのは、住所や生年月日を聞いて正確な確認が取れたという話です。

 

申し込みで記入した通りの勤務先で、申込者本人から名前、生年月日、住所を確認して相違がないというのは、在籍確認としては、かなり信用できる確認を取れたということになりますから、第一段階としてはカードローンの審査に通ったことになります。

 

ですので、なるべくなら在籍確認は本人が電話に出た方がいいです。

 

■申込者本人が出なければどうなるのか?

 

在籍確認は申込者本人が電話に出て、名前や生年月日、住所の確認を取れるというのが一番ベストだと言いましたが、だからと言って申込者本人が電話に出なければいけないということではありません。

 

申込者本人が出たか出なかったかだけで、カードローンの今後の審査の行方が変わるということはなく、勤務先の誰か違う人が電話に出ても在籍確認は取れたことになります。

 

申込者本人ではなく、勤務先の誰かが電話に出た場合は、申込者の住所や生年月日を聞かれることはありません。そんなことをしたら、勤務先の人たちに怪しまれますし、聞いたところですぐには答えられないでしょう。

 

申込者本人が出られずに勤務先の誰かが電話に出たときは、申込者がその勤務先で現在働いているのかを確認するだけです。

 

「◯◯さん(申込者の名前)はおられますか?」と尋ねて「うちの会社には、◯◯さん(申込者の名前)という者はいません。」と答えられたなら、その勤務先に申込者はいないということで在籍確認できなかったということになります。

 

しかし、「◯◯(申込者の名前)は只今席を外しております。」という答えならば、在籍確認は取れたことになるのです。