派遣社員の場合の在籍確認は派遣元?派遣先?

正社員ではなく、派遣社員という雇用形態の場合は、在籍確認を取るのが一昔前は少々大変でした。アルバイトやパートの方が逆に在籍確認を取りやすく、派遣社員は比較的新しい雇用形態だったので在籍確認が取れないというケースが発生することもありました。

 

ここでは、派遣社員の場合の在籍確認についてお話しします。

 

■在籍確認は派遣元か派遣先か?

 

派遣社員の場合、在籍確認の電話は派遣元と派遣先のどちらにかかってくるのでしょうか。
この点は派遣社員をやっている人が一番疑問に思われるところではないかと思います。

 

カードローン会社によっては、派遣元と派遣先のどちらにも在籍確認電話を入れる事があります。

 

しかし、派遣元か派遣先にしか在籍確認を取らない場合、もしも派遣元だけに在籍確認を取ると、派遣元に登録されている派遣社員の数はかなり多いので、突然個人名を名乗る人から電話が入って「◯◯さん(申込者の名前)はおられますか?」と尋ねられても、詳しく調べない限りは誰のことなのかわからないので「◯◯さん(申込者の名前)という者はおりません。」と答えられてしまい、在籍確認は取れなかったということになるかもしれません。

 

派遣社員という雇用形態が現在のようにまだあまり定着していなかった頃は、そのようなことがとても多く、在籍確認が取れないでカードローンが組めないということがありました。

 

■スムーズになった派遣社員の在籍確認

 

現在は、企業も正社員ではなく、派遣社員を雇うことが多くなっているために、派遣社員という雇用形態もかなりメジャーになってきました。

 

そのようなことから、カードローン会社の在籍確認もスムーズになり、最近ではほとんどの場合、派遣先に在籍確認の電話がかかるようになっています。

 

派遣先というのは、派遣社員として今現在働いている職場なので、在籍確認の電話が入ってくるときに申込者本人がいる確率が非常に高いですね。カードローン会社にとっても、申込者本人が在籍確認の電話に出て、住所や生年月日を言ってくれる方が確実なので助かります。

 

しかし、未だに派遣社員の在籍確認に不慣れなカードローン会社もありますので、心配な時は申し込み時に、派遣元、派遣先のどちらに在籍確認の電話をしてくるのかを確認しておいた方がいいかもしれません。

 

確実に在籍確認をクリアして、どうしてもお金を借りたいと思っている派遣社員の人は特に、申し込み時から在籍確認についてはシビアに確認を取っておくことです。ちょっとした行き違いで在籍確認ができずに審査に落ちてしまうことがないように気をつけましょう。