もしも自分が不在の時に在籍確認電話が来たら

在籍確認の電話には、必ずしも本人が出なければいけないわけではありません。

 

しかし、そうなるとたまたま電話に出てしまった勤務先の同僚などに詳しいことを聞かれてしまうのではないか?と心配になる人も多いと思います。

 

ここでは、申込者本人が勤務先に不在だった場合の在籍確認についてお話しします。

 

■不在の場合でも誰かが出れば在籍確認はOK

 

カードローンの在籍確認の電話には必ずしも申込者本人が出なければいけないということではありません。電話が入った時にたまたま勤務先に不在なことも多くあると思います。

 

その場合には、おそらく勤務先の誰かが電話に出ることになると思いますが、その電話の受け答えの中で、申込者本人がその勤務先で働いていることがわかれば、それで在籍確認は取れたことになります。

 

在籍確認の電話では、カードローン会社の名前は出さずに、個人の名前で電話が入りますから、勤務先の人たちにカードローンの在籍確認の電話だとは気づかれにくいです。

 

それでも、周りには絶対にバレたくないと思うのなら、在籍確認の時間指定などを相談してみるといいでしょう。

 

■不在の場合の在籍確認では何を聞かれる?

 

在籍確認の際にたまたま申込者本人が不在だった場合は、勤務先の誰かが電話に出ることになりますね。そんな時は、在籍確認の内容としてはどんなことを聞かれるのかがすごく気になりませんか?

 

申込者本人が電話に出た場合には、名前と生年月日、住所などを聞かれることになります。

 

しかし、この内容での確認を申込者本人以外に取ったとしても答えられないですし、そもそも、どこの誰だかわからない人にそのような個人情報を第三者が伝えること自体ありえませんね。

 

申込者本人以外の人が在籍確認の電話に出た場合には、まず「◯◯さん(申込者の名前)はおられますか?」と聞かれます。その勤務先に本当に申込者がいるのならば、「◯◯(申込者の名前)は、今席を外しております。」という答えが返ってくるはずです。

 

この答えで、申込者が申し込み時に提示した勤務先で働いていることが確認できたことになります。それ以上のことは、もう絶対に言いませんし、カードローン会社の名前ももちろん出さないので安心です。

 

ただし、こういう電話は大体は在籍確認だということを知っている人も勤務先にはいるかもしれませんから、気づかれることもあるので注意したいものです。

 

なるべくなら、在籍確認の電話には申込者本人が出られるのが理想ですね。