カードローンの審査に通るためのポイントまとめ

カードローンの申し込みをしたなら、絶対に審査に通りたいですよね。

 

審査内容については、なんとなくわかったけれども、今の自分で本当に審査に通るだろうかと心配になったら、審査に通るためのコツとポイントをおさえることです。

 

ここでは、カードローンの審査に通るためのコツとポイントをご紹介します。

 

■在籍確認は確実に取れるか?

 

カードローンの申し込みをして、まず行われる審査が在籍確認です。
在籍確認は審査の入り口のようなものですから、第一関門と言ってもいいくらいです。

 

さて、在籍確認の電話が鳴った時の対応の準備はできていますか?

 

申込者本人が電話に出なければいけないということではありません。電話に誰も出られないという状況だけを避ければいいだけなので、その点を重視して在籍確認の準備をしておきましょう。

 

■総量規制はクリアしているか?

 

総量規制については理解できていますか?
借入金額と収入のバランスの基準となる規制のことです。

 

現在の借入金額は年収の三分の一が総量規制となっていますので、それよりも借入金額が超えていると、審査には通らない可能性があります。

 

■申込書の情報に嘘はないか?

 

申込書の個人情報に偽りはありませんか?
住所や年齢、職種、勤務先住所などの情報に少しでも誤りがあると嘘をついたと判断されます。

 

それらの情報については、必要書類と照らし合わせた時にわかりますので、間違いがないように、嘘がないように気をつけましょう。

 

■現在の勤務先の勤続年数は?

 

現在の勤務先では、どれくらいの期間勤めていますか?
勤続年数が1年未満ですと、残念ながらカードローンの審査に通らないようになるかもしれません。

 

カードローンの申し込みを考えるのであれば、勤続年数が1年過ぎた頃に行なうようにしましょう。

 

■信用情報に問題はないか?

 

信用情報には問題はありませんか?カードローンの返済を延滞したり、返していなかったり、過去に自己破産をしたりなど…そのようなことがある場合には、信用情報に問題があるとしてカードローンの審査に落ちることがあります。

 

それはカードローンでお金を貸す上でとても大事なことであり、信用を得られない人物にはもちろんですが、お金を貸すことはできないということで、審査に通りません。

 

カードローンの審査に通りたいのであれば、信用情報に傷がついてないことが大前提ですが、もし過去に少しでも問題があるのなら、信用情報の審査が甘いキャッシング会社にカードローンの申し込みをするなどの工夫をすることで審査に通りやすくなります。