カードローンの審査に落ちてしまった時の対処法

残念にも、カードローンの審査に落ちてしまったらかなり落胆しますよね。
絶対に落ちないと思っていたとしたら余計に落胆するのかもしれません。

 

しかし、一度落ちたからといって諦めるのはまだ早いです。
ここでは、カードローンの審査に落ちた時の対処法をご紹介します。

 

■審査落ちした原因は何か?

 

カードローンの申し込みをしたのになぜか審査に落ちてしまった場合は、あまり慌てずになぜ落ちてしまったのかを冷静に分析してみましょう。

 

単純に在籍確認の段階で手違いがあって在籍確認が取れなかっただけなのかもしれません。

 

または、携帯電話などの機種変更をしたことで、分割払いにしている場合に、それが借金として見なされていることもあり得ます。

 

勤続年数が短いために収入が安定していないと見なされたのかもしれません。

 

どこでどんなことが、審査に絡んできたのかはゆっくり考えないとわかりませんね。まずはじっくり分析してみて、審査落ちしない条件に揃えてから再度違うカードローン会社に申し込みをしてみましょう。

 

■総量規制の問題なら銀行カードローンへ

 

自分では気づいてなくても年収に対して、借入の額が大きすぎたことが審査に落ちた原因になっているかもしれません。ここで目安となってくるのは総量規制です。

 

年収の3分の1の借入金額になっているかをもう一度確かめてみて、もしそれをオーバーしているようであれば、限度額の設定を下げてから申し込んでみると審査に通るかもしれません。

 

また銀行系のカードローンなら総量規制は関係ないので、次は銀行系のカードローンに申し込んでもいいかもしれませんね。

 

総量規制と言うのは、返済を考えた上での年収から見た借入金額の設定基準です。
総量規制を越えると返済も厳しくなってくるので、そうした意味でも見直すべきですね。

 

■短期間でたくさんの申し込みをしないこと

 

カードローンの審査に落ちてしまったことで動揺して、一度に沢山のカードローン会社へと申し込みをする人がいますが、そんなことをすると申し込みブラックという意味で信用情報に傷がついてしまうので、通るはずだった審査が通らなくなり、しばらくカードローンの申し込み自体が出来なくなってしまいます。

 

カードローンの申し込みは1ヶ月に3社までとなっております。

 

立て続けにカードローンの審査に落ちてしまったらひと呼吸置いて、もう一度審査に落ちた理由を見直して冷静に対処をして、期間をおいてから申し込みをするべきです。