カードローンで収入証明書が必要な場合と不要な場合

カードローンでお金を借りる際に、必ずしも収入証明が必要になるわけではありません。

 

カードローン会社にもよりますが借りる金額や他のカードローン会社でどれだけお金を借りているかによって収入証明書の必要性が変わってきます。

 

ここでは、収入証明書の必要・不要についてお話しします。

 

■基本的には収入証明書が必要

 

カードローンでお金を借りる際には、基本的には収入証明書が必要です。
源泉徴収書や所得証明書などが収入証明書にあたります。

 

これは自営業や個人事業主でも同じです。

 

自営業の場合には、確定申告の証明書などが収入証明書にあたります。専業主婦の場合は、本人の収入証明書は出せないので、配偶者の収入証明書を用意することになります。

 

カードローンを申し込む際に、一番には在籍確認について頭を抱える人が多いですが、次には収入証明書で頭を抱えることになるケースが多いです。在籍確認をしたのに、さらに収入を証明しなければいけないことにたいして不満を抱く人もいますが、収入証明書は基本的には必要です。

 

■収入証明書が不要なケース

 

カードローンでお金を借りる場合は、基本的には収入証明書が必要となりますが、不要になることもあります。それは、カードローンの限度額や他のカードローン会社と併せて現在どれくらいの額のお金を借りているのかで変わってきます。

 

限度額が50万円以下で設定されているカードローンや他のカードローン会社で借りているお金の総額が100万円以下の場合、収入証明書は不要になることが多いです。

 

初めてのカードローン契約の場合は、銀行系のカードローンであれば、限度額が200万円以下でも収入証明書が不要なことが多いです。

 

限度額の設定については、銀行によって多少違いますので、最初に限度額や収入証明書が必要なのかどうかを調べながらどこでカードローンを申し込むかを決めるとよいでしょう。

 

しかし、過去に1度でも返済が遅れたことがあったりすると、限度額や借りている総額に関係なく収入証明書が必要になったり、最悪の場合は審査に落ちてお金を借りれないというケースも発生します。

 

また現在あまり収入がないという人は、収入証明書を提示しても審査が通らなかったり、限度額が下がる恐れもありますから、多額のお金を借りるのは不可能となってくるのでカードローンをあてにしすぎると危険です。

 

自分の現在の収入を考えた上で返済ができる範囲の金額を設定してカードローンを申し込むようにしましょう。