年収1/3以上は借りれない!総量規制に注意!

カードローンの申し込みをすると審査の際にほとんどの場合は総量規制による借入限度額の審査が行われます。中には総量規制の関係でカードローンの審査に通らなかった人もいるかもしれません。ここでは、総量規制について詳しくお話しします。

 

■年収の3分の1の額が限度額になる

 

安定した収入があれば、勤続年数が長ければ、いい会社に勤めていれば、多額のお金が借りられると思い込んでいる人も多いようです。

 

しかし、年収によってお金を借りられる限度額は決まっています。

 

また、他のカードローン会社からもお金を借りているのに、さらに違うカードローン会社から融資を受けようとして、限度額が高すぎて審査に通らないということがありますが、これも限度額オーバーで審査に通らなかっというパターンでそこには総量規制が絡んでいます。

 

総量規制とは、申込者の年収の3分の1の金額までお金が借りられるという基準で、カードローンの審査の際にはほとんどの場合、用いられます。

 

他のカードローン会社での借入金額も計算に入れた上で、総額を算出し、年収の3分の1以内であれば、カードローンを新たに利用することはできますが、残念ながらオーバーしている場合は、カードローン申し込みはできないので、これ以上お金を借りることはできません。

 

なぜ、そのような規制があるのかというと、あまりにも多額の借金を抱えていることで返済できなくなる可能性が高くなるからです。

 

計画的にカードローンを利用するという意味で、総量規制は設定されていますから、それを標準値として考えることで、無理のない返済プランを立てていくことができますね。

 

■銀行のカードローンに総量規制はない

 

総量規制の概念がないカードローンもあります。
それは、銀行のカードローンです。

 

収入のない専業主婦でも申し込みができて、即日融資を受けられる銀行のカードローンは、信用情報についての審査はシビアですが、総量規制がないので限度額に関してはゆるいです。

 

ただし、専業主婦に関しては限度額は50万円までなのでそんなに高いとは言えません。

 

会社員などに関しては、限度額は高く、総量規制がないために、限度額で審査に引っかかることはあまりありません。その代わり、在籍確認や過去の返済や借入履歴に関しては審査は厳しいです。その辺りがクリアな人で多額のお金を借りたいのであれば、総量規制がない銀行のカードローンはおすすめです。

 

総量規制の問題でカードローンの審査に落ちた人は、限度額を下げて再度申し込みをすると通る場合があります。