専業主婦でもお金を借りる事はできるの?

専業主婦は収入がないので、カードローンに申し込みをしても絶対に審査に通らないのではないか?と思っている主婦が多いようです。しかし、ネットで検索してみると意外に専業主婦でもお金を借りられたと言っている人が多いです。

 

ここでは、専業主婦のカードローンについてお話しします。

 

■総量規制がない銀行系カードローンなら借りられる

 

専業主婦がなぜカードローンを申し込んでも審査に落ちるのかご存知ですか?
それは収入がないことで総量規制にひっかかるからです。

 

総量規制とは年収の3分の1までの金額なら借入ができますよという規制であり、それで考えるとそもそも収入がない専業主婦はまったくお金を借りられないということになりますね。

 

しかし、銀行系のカードローンに限っては総量規制の概念がありません。
借入限度額は少し低めにはなりますが、銀行系のカードローンなら専業主婦でも申し込めます。

 

よく利用している銀行でカードローンの受付をしていないか一度調べてみるのもいいかもしれません。審査にもあまり時間がかからないので、すぐにお金を借りれて急なピンチの時にでもすごく助かります。

 

■銀行系カードローンではいくらまで借りられる?

 

銀行のカードローンで専業主婦がお金を借りられる限度額はあまり高いとは言えません。
限度額を具体的に言うと、どこの銀行カードローンも30万円から50万円程度までです。

 

その限度額に関しては配偶者の収入の状態や、専業主婦本人が他で借入をしていないかというのが判断基準となってきます。ですので、申し込みの際には配偶者の収入証明書が必要なこともありますので、急ぎで借りたい場合には先に用意しておくといいでしょう。

 

ここで心配されるのが、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入るのでは?という点です。
この場合は、配偶者に在籍確認を取ることはありませんので安心してください。

 

また、銀行系のカードローンは、配偶者の同意書は要りませんから、急な出費の際にも主人に内緒でお金を借りれます。どうしても主人の給料だけではやっていけない時が出てきた時には、銀行系のカードローンの申し込みを検討されてはいかがでしょうか?

 

中でもメガバンク系の銀行なら金利も低いので、無理なく返済ができます。

 

計画的に賢く銀行系カードローンを利用して、家計費のピンチをなんとか切り抜けたいですね。子供のことで急にお金が要る時など、銀行系カードローンは気軽に申し込みができてとても便利です。