カードローンでお金の返済を滞納するとどうなる?

カードローンの返済を滞納しているとどのような措置をされるのかご存知ですか?

 

遅れた分の罰金である遅延損害金が発生することは当たり前ですが、その他にも色んな問題が発生します。ここでは、カードローンの返済を滞納することで起こることをお話しします。

 

■入金催促の連絡が入る

 

カードローンの返済が遅れるとすぐにカードローン会社から催促の電話がかかってくると思っている人が多いようですが、最初の段階では電話ではなくハガキでの連絡となります。

 

ですから、家族にカードローンでお金を借りていることを知られたくないという場合には、少々厄介な話になってしまいますね。ちゃんと返してさえいれば、催促のハガキが来ることはありませんから、返済には十分気をつけましょう。

 

■滞納期間中はお金を借りれない

 

返済を滞納している場合は、当たり前ですがカードローンからはお金を借りれなくなります。

 

返済日を単純に勘違いしていて滞納してしまった場合は、返済金も用意できるのかもしれませんが、本当にお金がなくて滞納している場合は、これ以上お金を借りることもできないので、どこかから借りてこなくてはいけません。

 

カードローンからお金を借りれなくなるのは、滞納期間中だけで、遅延損害金とともに返済をすれば、その日からまたお金を借りれるようにはなります。

 

■ブラックリストに載ってしまう

 

カードローンの返済を滞納することで一番困るのが、ブラックリストに載ってしまうことです。
ブラックリストに滞納者として名前が載ってしまうと、また新たにカードローンを申し込む時に審査に通らなくなる可能性が出てきます。

 

しかし、ここで勘違いしてはならないのが、1度くらいの滞納ならブラックリストには載らないと言うことです。入金の催促が来て、すぐに支払ったということであれば、何かの間違いで入金できなかっただけだと判断されます。

 

これが3ヶ月以上の滞納になると確実にブラックリストに載ります。

 

3ヶ月間ほど延滞し続けたり、3回続けて滞納してしまうというケースです。
さすがに3ヶ月以上、3回以上となると間違いでは済まされなくなりますね。

 

たとえ、遅延損害金を支払っていたとしても滞納していることには変わりありませんから、3ヶ月以上、3回以上となるとブラックリストに載ってしまいます。

 

さらには頻繁に滞納を続けていると、今度は借入限度額が0円になってしまう恐れも出てきますから、3ヶ月以上の滞納でなくても、何度も滞納しないように気をつけなくてはいけませんね。