カードローンで借りた後のお金の返済方法は?

カードローンの返済プランにはいくつかの方法があります。

 

自分のマネープランに合った返済方法を選ぶことで、無理のない返済ができてカードローンを便利に活用できます。ここでは、カードローンのお金の返済方法の種類をご紹介します。

 

■元利均等方式

 

返済額が毎月同じで、返済計画が立てやすいことで人気が高い返済方式が元利均等方式です。
元利均等方式は、借入額と金利を合わせて、毎月の返済額を均等にしている返済方式です。

 

ですから、毎月同じで金額なのでわかりやすいのが特徴です。しかし、支払いはじめはほとんどが利息を払っているようなものなので、元金がなかなか減らないのがデメリットです。

 

■元金均等方式

 

元利均等方式に対して、元金均等方式もあります。
元金均等方式は、毎月の返済額に変動があるタイプの返済方式です。

 

元金は毎月一定金額なのですが、上乗せされる利息に変動があるために返済額が変動するのです。
しかし、元利均等方式に比べるとトータルの返済額は少なくなるのでそれがメリットの一つです。

 

■分割払い

 

分割払いはショッピングなどてもよく用いられる返済方式で比較的メジャーですね。
これは単純に借り入れた金額に利息分をプラスして、何ヶ月払いという設定の中で、分割して毎月の返済額を均等にしたものです。

 

分割払いはとにかく返済の計画がわかりやすくはっきりしているので好まれることが多いです。
何年間、この金額を毎月支払い続けていくという計画がわかりやすいと、他の借入の計画も立てやすいのでとても便利ですね。

 

難しい計算をあまりしたくないという人にオススメな返済方式です。

 

■リボルビング払い

 

リボルビング払いは、クレジットカードでもよくある返済方式です。
カードローンの返済方式で最もよく用いられています。

 

リボルビング払いにはいくつかの種類があります。有名なものでは、「定率リボルビング方式」「定額リボルビング方式」「残高スライドリボルビング方式」の3つが存在します。

 

一番よく用いられるリボルビング払いは「残高スライドリボルビング方式」で、借入残高に応じて、段階的に返済額を変更していく方式の返済方法です。

 

このようにカードローンにはいくつかの返済方式が用意されていて、それぞれにメリットやデメリットがあります。借入金額やお金の使い方によって、どの返済方式がふさわしいのかが変わってきますので、カードローンの申し込みの際に、借入用途を話しながら相談してみるといいでしょう。