アルバイトやパートでもお金を借りれる?どの会社ならOK?

カードローンは正社員でなければ、申し込みが出来ないと思い込んではいませんか?

 

アルバイトやパートのような、正社員より収入が少ない人であってもお金を借りることができます。そこには様々な条件などがありますが、ここではアルバイトやパートのカードローンについてお話しします。

 

■総量規制が守られていればアルバイトやパートでもOK

 

正社員であろうが、アルバイトやパートであろうが、無職でない限り、全てそこには総量規制の基準が目安となって、申し込みができるできないが決まって来ます。

 

総量規制は年収の3分の1の借入金額という設定の規制です。

 

つまり、総量規制に基づき、借入金額が大きければアルバイト、パートでなくても正社員でもカードローンの審査に落ちて、申し込みができなくなります。

 

もうひとつポイントとなってくるのが勤続年数です。
アルバイトやパートは、働いている期間が正社員と比べて少ないことが多いと思います。

 

短期間のアルバイト、パートもたくさんありますし、そもそも長期間続けるような雇用形態ではありませんね。カードローンの審査の基準として、勤続年数が1年以上と決められているカードローン会社が多いので、勤続年数が短いことで審査に落ちてしまうことも多いです。

 

アルバイトでもパートでも、収入の安定と言う意味で勤続年数の長さを基準にしますから、カードローンに申し込む前に自分の勤続年数もちゃんと把握しておきましょう。

 

■アルバイトはパートでも借入できるカードローン会社は?

 

総量規制が守られていても、勤続年数が1年以上であったとしても残念ながら、アルバイトやパートの人のカードローンはお断りするという会社もたくさん存在します。また、申し込みは出来たとしても借入限度額がかなり低かったりと不便が多いことも予想されます。

 

アルバイトやパートの人におすすめなカードローン会社は、アコム、プロミス、三菱東京UFJ銀行カードローンです。この3社はアルバイトやパートでも保証人が必要ない上に、即日融資もできます。

 

審査も早く最短で30分程度で審査結果がわかって、お金を借りることができます。

 

年収にもよりますが、借入限度額はなんと500万円までとなっているので、多額のお金が必要な時でもすごく心強いです。

 

アルバイトやパートだからといってカードローンを諦めるのはもったいないですよ。各カードローン会社に尋ねたりして制度を把握してから、じっくり申し込んでみるのもいいかもしれませんね。