カードローン会社選びでの失敗例

カードローン会社には大きく分けて3つの種類があります。

 

銀行カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンです。種類によって内容も違いますから、申込者の借入用途に合う合わないという問題ももちろん発生してきます。

 

そうした中でカードローン会社選びを間違ったおかげで失敗してしまうこともあります。
ここではその失敗例をご紹介します。

 

■金利が高すぎて返せなくなった

 

カードローン会社を選ぶとき、借入限度額や即日融資ばかりを気にして金利を見落としていることが多いようです。金利が低いカードローンは銀行に多いです。

 

金利が低いと言うことは、その分、返済額も低くお財布に優しいということになりますが、金利が低い銀行系のカードローン会社は審査が厳しいので、なかなかお金が借りられません。

 

そうした理由から、即日融資ができるカードローン会社ばかりを探しているうちに必然的に金利の高いカードローンからお金を借りる事となり、後々になって返済が出来なくなってきたという失敗例もたくさんあります。

 

■審査の時間が長過ぎてなかなか借りれない

 

急なお金のピンチに遭遇して、すぐにでもお金を借りたいのに…思ったより審査に時間がかかってお金を工面するのが大変だったという失敗例もあります。金利が低いカードローン会社を選ぼうと慎重に構えてしまって、審査期間についてあまり考えないと、このような失敗例に遭遇してしまいます。

 

カードローン会社を選ぶ時は、自分はどういうことを大事にしてお金を借りたいのかをはっきり決めてから選ぶようにしなければいけません。返済には自信があるからとにかく即日融資が大事なのか?もしくはその逆か?限度額が高い方がいいのか?など希望は様々だと思います。

 

その中で希望の優先順位を決めてカードローン会社を選びましょう。

 

■専業主婦だから審査に通らなかった

 

専業主婦は収入がないとみなされるカードローン会社がほとんどです。
まず、信販系、消費者金融系からは専業主婦の場合はお金を借りる事ができません。

 

しかし、何も知らずに、夫がちゃんと働いているからという理由で夫の収入を自分の収入だと考えてカードローン会社に申し込みをしたら、審査が通らなかったという失敗例もあります。

 

それは、総量規制に引っかかって審査が通らなかったと言う事になります。

 

総量規制とは、年収の3分の1の金額内なら借入ができますという規制です。

 

専業主婦の場合は年収が0になりますから、借入はできないことになります。しかし、銀行のカードローンには総量規制がないので、専業主婦は銀行系カードローン会社に申し込みをすることです。