カードローンでお金を借りる際には注意する事

初めてカードローンに申し込む時は、ちゃんと仕事さえしていれば、比較的借りやすいために、無計画で多額の借入をしてしまう恐れがあります。

 

その他にもお金を借りる時には、いくつかのことに注意しなければいけません。
ここでは、お金を借りる際に注意したい事をご説明します。

 

■審査に通るかどうかを判断する

 

カードローンの申し込みは初めてであったとしても、誰でも審査に通ってお金が借りられるようになるわけではありません。

 

ある一定の条件を満たさなければ、審査には通らず、お金は貸してもらえないのです。

 

まず、仕事はどんな仕事をしていて年収はどれくらいで雇用形態は何なのか?
勤続年数はどれくらいなのか?家族構成や申込者本人の年齢なども関係してきます。
それらを全て自分でチェックした上で、カードローンの申し込みをしましょう。

 

申込書には嘘は絶対書かないことです。
実際の情報と違うと判断された時、嘘を書いたと判断されて申し込みは却下されます。

 

■借りてもいい金額を設定する

 

カードローンの会社によって借入限度額の設定は様々ですし、申込者本人の年収や年齢などによっても限度額が変わってきます。

 

ここで重要なのは、借入限度額と言うのは借りられるお金の限界の値であるということです。

 

この先、返済をしていくことを考えた時に、限度額のマックスまで借りても返して行けるのか?をちゃんと判断した上で、借入をしなければいけません。

 

限度額マックスまで借入をする人が多いですが、それによって借金返済にどんどん追われる事となり、窮屈な生活を送ることにもなりかねません。限度額マックスまで借りるのではなく、自分の返済能力を考慮した上での借入額を考えて行く事が大事です。

 

■回し返しという考えは捨てる

 

カードローン会社の1社からお金を借りているだけならいいのですが、他からも借りている場合に、借金の回し返しをする人がいます。

 

A社から借りていた10万円をB社から借りた10万円で返したりと、回し返しでやりくりをしていると、そのうち限界が来て延滞をすることになります。

 

借りた分のお金は絶対に自分の収入から返すようにして、借りれるお金を当てにしないことが大事です。回し返しをしているうちに、金銭感覚はどんどん狂ってきて、お金を計画的に使えなくなってしまいます。お金を計画的に使えなくなるということは、計画的に返済できないということにいずれはつながって行くのです。

 

借りたお金は稼いだお金で返すようにしていきましょう。